【ナノワン体験談】アルブミン1.7 から回復したマルチーズ

LINEで送る
Pocket

 

アルブミン1.7、原因不明、治療方法もない

ガリガリになっていく愛犬。

この病気の恐ろしさ知り愕然としました。

 

東京都在住 河本様

タロちゃん オス 7 歳

(マルチーズ)

 

逆流性食道炎と診断後にアルブミンも1.9と低下していました。

 

タロは昨年9月頃から1ヶ月に1度の割合で嘔吐をしていましたが、元気で食欲もあるので胃腸が少し弱いくらいに思っていました。11月に嘔吐した時は、さすがに心配になり病院に連れていきました。逆流性食道炎との診断で何種類かの薬を出されました。

 

今年1月末にも嘔吐をしたので、また逆流性食道炎だと思いタロを連れて薬をもらいに病院にいきました。その時、念のためにやっておきましょうとの獣医師の勧めで血液検査をしました。

 

結果 アルブミン1.9 総タンパク2.0

 

蛋白漏出性腸症(リンパ管拡張症)と診断され、超音波検査でも腸に無数の白い線があるのがはっきりわかりました。獣医師の説明を聞いても病気の事が全く理解出来ず、原因不明、治療方法も治る事もない、そして間もなく腹水がたまってくると言われ、何がなんだか分かりませんでした。家に帰ってネットで病気の恐ろしさ知り愕然としました。

 

色んなサプリも病院指定のフードも必死で食べさせました。しかし・・・

 

タロはまだ7才、以前飼ってた子のまだ半分も生きてないのに。本当にショックで泣く事も出来ませんでした。獣医師から対処療法として高タンパク(R/D)のドッグフードを処方され、必死で食べさせました。

 

それまではアレルギーもあるので低分子プロテインライトのフードを与えていましたが痩せていくのでライトではないフードに代えようと思っていたところでした。

 

病気だと分かり、改めてタロをみるとガリガリに痩せ肋骨の骨と骨の間に指が入るのではないか思うほどでした。毛もパサパサで密度がなく皮膚が見えていました。犬の乳酸菌、アミノ酸、酵素…腸に良い言われるサプリメントを取り寄せフードを一緒に与えていました。

 

1ヶ月後、少しは良くなっているのではと期待して血液検査をしました。

 

結果 アルブミン1.7 総タンパク3.0

 

総タンパクは、わずか1増えたもののアルブミンは前回より低くなっていました。全く改善されていませんでした

 

その上、高タンパク食の影響でBUNの数値が1ヶ月で7も上がり正常値ギリギリの高い数値になっていました。蛋白漏出性腸症、その上、腎臓機能障害になったらと思うと、もうパニックでした。

 

思うように改善しない中、娘がナノワンを見つけ電話をかけてくれました

 

そんな時、娘がネットで「ナノワン」を見つけ、すぐに坂田さんに電話をしてくれました。娘の話を坂田さんは時間をかけて聞いて下さり「アルブミン1.7はうちではそんなにひどい数値ではありません

 

1以下の子たちが「ナノワン」でしっかり改善して元気になった子もいますから希望を持たれてください」と励まして下さったようです。

 

坂田さんが言われたとおり、元気になったたくさんの子たちの体験談が載っていました。読んでいくうちに「ナノワン」なら絶対に治る!もうこれしかタロが助かる道はないと思いました。私の姉のところのヨークシャテリアは1昨年、下痢が止まらずガリガリに痩せ、入退院をくり返し薬づけになって死んでしまいました。

 

タロと同じ病名でした。この子とタロがオーバーラップして見えました。絶対にここに掲載されている子達の様に治したい・・・その思いだけでした。

 

 

不安で始めたナノワン生活、徐々に確信へと変わりました

 

ナノワン」を与えはじめた最初の1ヶ月は不安でした。医学的に絶対に治らない病気が本当に治せるのかと思う時もありました。また、獣医師から言われた「もうすぐ腹水がたまってくる」という言葉が頭から離れず、毎日の様にお腹をチェックしていました。

 

与えはじめて2ヶ月が経ちタロの体格が変わったのがはっきり分かりました。ガリガリだった体にしっかり筋肉がつき毛も増え艶までありました。

 

「ナノワン」を与えてから3ヶ月目には投げたオモチャを走って取りに行ったり、ソファーに飛び乗ったり、以前のタロの様に活発になっていました。病気が改善されていっている事を確信しました。

 

そして、「ナノワン」を与えてから3ヶ月後、血液検査をしました。先入観があると嫌なので以前とは違う病院に行きました。

 

アルブミン3.0 総タンパク5.9 BUN27から20に下がり全て正常値でした。

 

 

この約4ヶ月、毎日、便の写真を坂田さんに見ていただき、励ましやアドバイスをしていただきました。途中、不安になった時、坂田さんにお電話をすると状況をしっかり聞いて下さり、的確なご指導をしていただきました。感謝の気持ちでいっぱいです。

 

いつも細かなところまでアドバイスを下さり、全て乗り越える事が出来ました。改善した今も、二度とあんな悲しい思いをしたくないので「ナノワン」を続けていきます。

 

坂田さん、本当に本当にありがとうございました。

 

そしてこれからも宜しくお願いします。

 

河本 タロ

 

>『犬のアルブミン低下を食事で改善したい飼い主様が急増!

お問い合わせはこちら

500円(税込・送料込)

ご購入はこちら

・1家庭2個までとさせて頂きます。
・在庫が無くなり次第終了いたします。
・こちらの商品は返品不可となります。

商品紹介

トライアルキャンペーン2024年2月29日まで。

 

今回、多頭飼い、大型犬にもお試し出来る様に通常1,000円のところ500円で販売させて頂きます。また、同時に2個までご購入可能にしました。この機会に是非、お試しください。

 

トライアルは、食べてくれるのかを試していただく為に販売しています。効果を保障するものではありません、ご理解の程宜しくお願いいたします。

 

 原材料:乳酸菌生産物質末、米粉、山芋末、純国産100%本葛末、ラフィノースオリゴ糖、昆布末、アップルファイバー、イワシ末、葉酸、ビタミンB1,B2,B12,C,A,E,D

 

原産国:日本 内容量:20g(形状:粉末)

与え方:腸内リセットレシピ参照

賞味期限:開封後10日以内にお使いください。

消費量:小型犬で約4~5回分(目安)

お支払い方法:クレジット/代引き/銀行振込【2日以内】

同包物:レシピ

下痢血便アルブミン低下

食事改善したい飼い主様が急増!

 

先ずは、下痢を止めてはいけない理由

肛門から下痢が出てくる理由を知ることから。

 

・なぜ、薬で腸が冷えるのか?

・なぜ、腸を温める必要があるのか?

・なぜ、トロトロスープが良いのか?

・なぜ、乳酸菌生産物質が必要なのか?徹底解説

お電話での無料相談はこちら

愛犬の為に詳しくお話をお聞きしたい飼い主様はお電話ください。

お問い合わせはこちら

アルブミン低下・繰り返す下痢・血便・軟便・嘔吐など、お気軽にお聞かせください。ご相談内容に合わせてこれまで5,000頭以上のワンちゃん達から培った私自身の体験、知識を交えて知り得る限りのアドバイスをさせていただきます。

※無料相談では商品の購入は受け付けておりません。アドバイスのみとなります。また、お名前をお聞きすることもありません。安心してご相談ください。

092−334−2068

【電話受付時間】10:00〜16:00
【定休日】土日祝日(臨時休業あり)
     年末年始、GW、夏季休暇

この記事を書いた人

坂田剛

(株)ラクト・ラボ代表取締役。20年間健康美容業界に携わり犬達の世界が人間と同じように生活習慣病が増え始めてきたことをきっかけに15年前に犬のサプリメント販売ラクト・ラボを起業。2018年に法人化。趣味は愛犬とキャンプに行き大自然とふれあいリフレッシュすること。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

食生活・生活習慣を見直して、ワンちゃんが健康で元気になるお手伝いをいたします。

092−334−2068 092−334−2068 arrow_right
PAGE TOP