愛犬が空腹時に嘔吐!もしかしたら消化酵素が不足しているのかも

LINEで送る
Pocket

 

明け方や夕方に胃液胆汁を吐き出してしまう――犬にはわりとよくあることといえるでしょう。若い頃にはあまり起こらなくても、老犬期に突入したあたりから空腹時の嘔吐が増えることも珍しくありません。

 

そんな時、たいていは空腹になる時間を減らすべく、食事の回数を増やしたり夜寝る前に少し食べさせたりといった対策がとられるわけですが…。

 

もしかしたら、愛犬が空腹時に嘔吐するのは消化酵素が不足しているからかもしれません。

犬の嘔吐対策として空腹の時間を減らすことのデメリット

 

胃液や胆汁を吐き出すタイプの嘔吐はあまり心配しなくても良い――とはいうものの、だからといって放置してよいものでもありません。

 

頻繁に嘔吐することで胃液が食道を荒らしてしまったり、体内の水分が失われることで脱水を引き起こす可能性が考えられるからです。そもそも、飼い主さんの心情的に、愛犬が嘔吐する姿を放置することなんてできませんよね。

 

朝晩しっかりご飯を食べさせているのに、夕方や明け方の空腹時になると胃液や胆汁を吐き出してしまう――だからこそ、食事の回数を増やして空腹になる時間を減らすことには一定の効果が期待できるわけですが…。

 

空腹の時間を減らすことにデメリットがないわけではありません。そう、常に胃腸が働かなくてはいけないことになるため、消化器に負担がかかってしまうんですね。胃腸にしっかり働いてもらうためには、適度な休息も必要なんです。

 

空腹時の嘔吐を減らすために胃腸に負担をかけ、そのせいで膵炎などの病気を誘発してしまったら元も子もありません。

 

>『老犬が吐く原因|吐出と嘔吐を見極めて必要な対処を

 

 

犬の空腹時の嘔吐頻発は体が栄養不足に陥っているのかもしれない

 

朝晩しっかりご飯を食べているにもかかわらず、愛犬が空腹時に嘔吐するとしたら…。

 

その原因は、消化吸収がしっかりできていないことによる、栄養不足の可能性があります。つまり、栄養やエネルギーが飼い主さんの見込みより早い段階で不足することにより、嘔吐を引き起こしているわけですね。

 

しっかり完食しているのに栄養不足?そんなバカな…、と思われたかもしれませんが、ご飯を完食することと食べたものの栄養をきちんと消化吸収することは、必ずしもイコールではありません

 

実際に、空腹時に嘔吐をしがちな犬の便の状態を尋ねてみると、便が硬すぎる、あるいは便がちょっとべた付くといったように、理想的な便が出せていないことが多いのです。

 

となると、腸活で腸内環境を善玉菌優勢にすれば良い、と結論付けたくなりますが、ちょっと待って!もちろん腸内環境を良い状態に整えることは絶対的に必要なことですが、その前に考えるべきことがあります。

 

それは、食べたものをしっかり消化して栄養を吸収するために欠かすことのできない、消化酵素を補うことです。そのうえで腸内環境をしっかり整えることができれば、これぞまさしく鉄板の腸活といえるのではないでしょうか。

 

>『【現代の犬の健康】は、腸を温める食事の継続が必須条件となる

 

潜在酵素をしっかり働かせるためにも食物酵素のアシストが必要

 

犬が生きるうえで必要な酵素は、大まかに「潜在酵素」と「食物酵素」の二種類に分けることができます。

 

  • 潜在酵素……生まれながらに持っている、体内で作り出すことのできる酵素
  • 食物酵素……食べ物に含まれている酵素

 

潜在酵素は消化吸収はもちろんのこと、代謝などの生命活動すべてに必要とされています。そのため、体が酵素不足になると消化吸収機能の低下だけではなく代謝機能の低下、免疫機能の低下などを引き起こす等々、どんどん悪循環に陥ってしまうのです。

 

だからこそ、食べ物から摂取する食物酵素の存在が重要!食べ物の消化吸収を食物酵素でアシストすることにより、潜在酵素は細胞の入れ替えや血液・体液を作るなどの、生きるために必要な生理的現象へ力を振り分けられるわけですね。

 

ちなみに、潜在酵素の材料はタンパク質です。潜在酵素をしっかり体内で作り出すためにも、食物酵素を取り入れるためにも、食事の栄養バランスはとても重要。犬の健康と食事がいかに密接につながっているかが、よくわかるのではないでしょうか。

 

 

食物酵素の役割は消化酵素を助けること

 

犬が口から食べたものは、消化酵素によって体に吸収できる形にまで分解されることになります。この消化酵素は潜在酵素であり、犬の体内に存在している消化酵素そのままの形で食べ物から摂取できるわけではありません。

 

消化酵素と一口に呼んではいるものの、その種類はいくつもあります。

 

  • プロテアーゼ……タンパク質を分解してアミノ酸に変換
  • リパーゼ……脂肪を分解してブドウ糖に変換
  • アミラーゼ……炭水化物を分解して脂肪酸とモノグリセリドに変換

 

プロテアーゼにはペプシン、トリプシン、ペプチダーゼなどいくつか種類がありますが、あまり細かく見ていくとややこしくなるので、とりあえずタンパク質分解酵素はプロテアーゼと覚えてください。

 

なにはともあれ、こういった食物酵素を補うことで、消化酵素(潜在酵素)の無駄遣いが防げるわけですね。そして、めぐりめぐって空腹時の嘔吐を改善する効果が期待できるのです。

 

>『【愛犬の健康を守る基礎知識】黄色い嘔吐物の正体『胆汁』とは?

 

食物酵素を摂取するための食材

 

さて、犬の空腹時の嘔吐を防ぐには食物酵素の摂取が有効なのは間違いありませんが、問題はどのようにして食べさせるかなんですよね。

 

というのも、酵素は基本的に熱に弱いため、酵素を含んでいる食材は「生」あるいは「生に近い低温調理」で食べさせることが望ましいからです。

 

とはいえ、だからといって犬にジャンジャン生の野菜や果物を食べさせてしまうと、胃腸に負担をかけることになりかねません。

 

そのため、あくまでも少量をしっかりすりつぶした状態で食事に加えることが大切です。

 

  • 大根……アミラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼ
  • きゅうり……ホスホリパーゼ(脂肪分解酵素)
  • りんご……プロテアーゼ、リパーゼ、ペクチナーゼ(ペクチン分解酵素)

 

酵素は温度が高いと活性が失われてしまうため、ナノワンご飯に混ぜる際は人肌ぐらいまで冷ましてから酵素食材を加えてください。

 

もちろん、たくさん食べさせればいいわけではありません。あくまでも1さじ程度から体調やウンチの状態を見ながら、量を調整していくことが大切です。

 

>『犬の「腸活」基礎知識|腸の温度を上げないと腸内環境は改善しない

 

今後の愛犬の健康にお役立て頂ければ幸いです。

お問い合わせはこちら

500円(税込・送料込)

ご購入はこちら

・1家庭2個までとさせて頂きます。
・在庫が無くなり次第終了いたします。
・こちらの商品は返品不可となります。

商品紹介

トライアルキャンペーン2024年2月29日まで。

 

今回、多頭飼い、大型犬にもお試し出来る様に通常1,000円のところ500円で販売させて頂きます。また、同時に2個までご購入可能にしました。この機会に是非、お試しください。

 

トライアルは、食べてくれるのかを試していただく為に販売しています。効果を保障するものではありません、ご理解の程宜しくお願いいたします。

 

 原材料:乳酸菌生産物質末、米粉、山芋末、純国産100%本葛末、ラフィノースオリゴ糖、昆布末、アップルファイバー、イワシ末、葉酸、ビタミンB1,B2,B12,C,A,E,D

 

原産国:日本 内容量:20g(形状:粉末)

与え方:腸内リセットレシピ参照

賞味期限:開封後10日以内にお使いください。

消費量:小型犬で約4~5回分(目安)

お支払い方法:クレジット/代引き/銀行振込【2日以内】

同包物:レシピ

下痢血便アルブミン低下

食事改善したい飼い主様が急増!

 

先ずは、下痢を止めてはいけない理由

肛門から下痢が出てくる理由を知ることから。

 

・なぜ、薬で腸が冷えるのか?

・なぜ、腸を温める必要があるのか?

・なぜ、トロトロスープが良いのか?

・なぜ、乳酸菌生産物質が必要なのか?徹底解説

お電話での無料相談はこちら

愛犬の為に詳しくお話をお聞きしたい飼い主様はお電話ください。

お問い合わせはこちら

アルブミン低下・繰り返す下痢・血便・軟便・嘔吐など、お気軽にお聞かせください。ご相談内容に合わせてこれまで5,000頭以上のワンちゃん達から培った私自身の体験、知識を交えて知り得る限りのアドバイスをさせていただきます。

※無料相談では商品の購入は受け付けておりません。アドバイスのみとなります。また、お名前をお聞きすることもありません。安心してご相談ください。

092−334−2068

【電話受付時間】10:00〜16:00
【定休日】土日祝日(臨時休業あり)
     年末年始、GW、夏季休暇

この記事を書いた人

坂田剛

(株)ラクト・ラボ代表取締役。20年間健康美容業界に携わり犬達の世界が人間と同じように生活習慣病が増え始めてきたことをきっかけに15年前に犬のサプリメント販売ラクト・ラボを起業。2018年に法人化。趣味は愛犬とキャンプに行き大自然とふれあいリフレッシュすること。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

食生活・生活習慣を見直して、ワンちゃんが健康で元気になるお手伝いをいたします。

092−334−2068 092−334−2068 arrow_right
PAGE TOP