愛犬が内視鏡検査をしてリンパ腫と診断されました

LINEで送る
Pocket

 

愛犬のリンパ腫は薬と療法食で治るのか心配です。

 

先日、ヨークシャテリアのリンパ腫についてご相談のご連絡がありました。

 

5歳のヨークシャテリアを飼っています。4歳になった時あたりから軟便をするようになり、フードを色々と変えてきましたが特に落ち着く事がなく最近は下痢気味になってきたことから病院で診察を受けてきました。

 

血液検査をしてもらったら肝臓とアルブミンの数値があまり良くなく後日内視鏡検査をするように言われ全身麻酔がとても心配でしたが年齢的に心配ありませんと先生に言われ3日後に内視鏡検査をすることになりました。

 

アルブミン低下の改善方法についてはこちらの記事で詳しく説明しています。

>『アルブミン値が低い!投薬に行き詰まる前に試してほしい改善方法』

 

その結果、「リンパ腫です。このままにしておくと悪化してしまいます」と言われ、「お薬と療法食で改善して行きましょう」と言われました。

 

ただ、今の状態は食欲もあり元気もとてもあります。うんちが緩いだけです。それでもお薬を飲ませてご飯も療法食にしないとダメなのでしょうか?とお聞きしたら「今の初期の状態からしっかり改善させていく方がいいですよ、このまま何もしなければ更に酷くなりますよ」と言われ納得は出来ませんでしたが言われるようにしていくことにしました。

 

ですが、まず3日目から療法食を全く食べなくなってしまいました。そして1週間後くらいから緩かったうんちが下痢状になってきました。

 

病院に連れて行き診察をしてもらい先生に、リンパ腫用の療法食を食べなくなったこと、うんちの状態をお話ししましたら、薬の量を増やすことと別の薬を追加、そして今度は缶詰になった別の療法食を食べさせて変化を見て行きましょう。と言われました。

 

その後、前回と全く同じで下痢は止まらず療法食は食べずただ薬が増えただけです。

 

犬の下痢の回復についてはこちらの記事で詳しく説明しています。

>『犬の下痢を回復させるには止めない事が基本』

 

本当にこんな状況でリンパ腫が治るのか?ご飯は今まで食べてきたフードを食べているので食欲はあるようですがとても不安になってきました。もう病院に行くのが怖くなりました。どうしたらいいのでしょうか?

 

 

 

本当にリンパ腫だったのでしょうか?

 

これまでにリンパ腫、リンパ拡張症と診断されたというご相談は多くいただいてきましたが、その大半は、下痢や軟便状態で病院に行き、血液検査をした時にアルブミンが低下していることが分かり、内視鏡検査をしたときに発覚した場合がとても多いんです。

 

その際、今回のヨークシャテリアちゃんの様に薬と療法食というセットで治療される様です。ですが、同じように療法食は徐々に食べなくなる子が多いですね。食べる物が無くなり心配される飼い主様もいらっしゃいます。中には食べなくなったことでリンパ腫は治らないと決めつけてしまう飼い主様もいるくらいです。

 

話を聞くにつれ切羽詰まった感情が伝わってきます。話を聞く方もとても辛くなってしまいます。ですが、犬の病気はまず、飼い主様が前向きになり不安が少しでも解消しなければ改善方向に向かわないのです。

 

内視鏡検査でリンパ腫、リンパ拡張症、IBDと診断された飼い主様にお聞きすることがあります。

 

それは、「本当に、リンパ腫と言われましたか?」です。

 

もし、今回の様にリンパ腫やリンパ拡張症、IBDと診断された方はよく思い出してみてください。

 

 

 

もしかしたら、リンパ腫の【可能性がある】、リンパ拡張症の【疑いがある】、IBDではなかろうか】。と言われたのではないですか?

 

はっきりリンパ腫です】、リンパ拡張症です】、IBDです】と言われたら安心して治療にあたられて良いのではないでしょうか。人間の病院も予測、可能性では薬は出しませんので。

 

ナノワン体験談のトイプードルのももちゃんは、今でもよく覚えています。2015年10月(当時6歳)に初めてのご相談の連絡がありました。お電話があった時には既に「内視鏡検査をするために病院に預けてきました。今から数時間後に内視鏡検査をします」と言われた瞬間に「話は後で聞きますので、直ぐに連れて帰ってきてください!」と言ったことを鮮明に覚えています。今もナノワンご飯をしっかり食べてくれています。もちろん薬は全く飲んでいません。あれから6年12歳のももちゃん、とても元気に毎日過ごしてくれています。

 

もし、【可能性がある】【疑いがある】【ではなかろうか】と言われのであれば、前向きに考えられてください。今回のヨークシャテリアちゃんもやはりリンパ腫可能性があるとの事でした。

 

芝生を走るヨークシャーテリア

 

 

療法食は食べなかったものの、食欲は旺盛性である事。そして、これは皆さんは、頭を傾げ、「えっ、なんで?」と思われると思いますが、薬を飲み、増やされて行くことで軟便から下痢に悪化した事が大きな快方に向かう証拠です。

 

この理由をしっかりご説明させて頂きました。そしてこれからの改善に向けての具体的な方法とアドバイスをしっかりお話しさせて頂き前向きになって頂きました。

 

今後の愛犬の健康にお役立て頂ければ幸いです。

お問い合わせはこちら

500円(税込・送料込)

ご購入はこちら

・1家庭2個までとさせて頂きます。
・在庫が無くなり次第終了いたします。
・こちらの商品は返品不可となります。

商品紹介

トライアルキャンペーン2024年2月29日まで。

 

今回、多頭飼い、大型犬にもお試し出来る様に通常1,000円のところ500円で販売させて頂きます。また、同時に2個までご購入可能にしました。この機会に是非、お試しください。

 

トライアルは、食べてくれるのかを試していただく為に販売しています。効果を保障するものではありません、ご理解の程宜しくお願いいたします。

 

 原材料:乳酸菌生産物質末、米粉、山芋末、純国産100%本葛末、ラフィノースオリゴ糖、昆布末、アップルファイバー、イワシ末、葉酸、ビタミンB1,B2,B12,C,A,E,D

 

原産国:日本 内容量:20g(形状:粉末)

与え方:腸内リセットレシピ参照

賞味期限:開封後10日以内にお使いください。

消費量:小型犬で約4~5回分(目安)

お支払い方法:クレジット/代引き/銀行振込【2日以内】

同包物:レシピ

下痢血便アルブミン低下

食事改善したい飼い主様が急増!

 

先ずは、下痢を止めてはいけない理由

肛門から下痢が出てくる理由を知ることから。

 

・なぜ、薬で腸が冷えるのか?

・なぜ、腸を温める必要があるのか?

・なぜ、トロトロスープが良いのか?

・なぜ、乳酸菌生産物質が必要なのか?徹底解説

お電話での無料相談はこちら

愛犬の為に詳しくお話をお聞きしたい飼い主様はお電話ください。

お問い合わせはこちら

アルブミン低下・繰り返す下痢・血便・軟便・嘔吐など、お気軽にお聞かせください。ご相談内容に合わせてこれまで5,000頭以上のワンちゃん達から培った私自身の体験、知識を交えて知り得る限りのアドバイスをさせていただきます。

※無料相談では商品の購入は受け付けておりません。アドバイスのみとなります。また、お名前をお聞きすることもありません。安心してご相談ください。

092−334−2068

【電話受付時間】10:00〜16:00
【定休日】土日祝日(臨時休業あり)
     年末年始、GW、夏季休暇

この記事を書いた人

坂田剛

(株)ラクト・ラボ代表取締役。20年間健康美容業界に携わり犬達の世界が人間と同じように生活習慣病が増え始めてきたことをきっかけに15年前に犬のサプリメント販売ラクト・ラボを起業。2018年に法人化。趣味は愛犬とキャンプに行き大自然とふれあいリフレッシュすること。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

食生活・生活習慣を見直して、ワンちゃんが健康で元気になるお手伝いをいたします。

092−334−2068 092−334−2068 arrow_right
PAGE TOP