犬を飼うと年間費用はいくらかかる?飼い始めから毎年かかる費用を解説

LINEで送る
Pocket

一万円札と犬の置物

犬を飼う場合の年間費用について

この記事を読むための時間:5分

犬を飼うのにはそれなりにお金がかかるとは知っていても、具体的な金額を知る人は少ないのではないでしょうか。今回は犬の飼育費用について、飼い始めにかかる費用、年間の飼育費用、その他必要になる場合がある費用について解説します。これから犬を飼いたいと考えている人はぜひ参考にしてみてくださいね。

犬を飼い始める際に必要な費用

 

 

犬を飼い始める際には、「市町村への登録費用」「必要不可欠なペットグッズ」「予防注射・ワクチン接種費用」が必要です。

登録費用

全ての飼い犬は、狂犬病予防法により市町村に登録し、交付された鑑札を付けなければなりません。もしも鑑札を付けていないと、飼い犬として認められず捕獲対象になります。また、飼い主は罰として20万円以下の罰金を科される場合があります。犬の登録費用は3千円程度で、登録の際は印鑑が必要になるので、忘れないようにしましょう。

必需品の費用

犬用の食器やブラシ、首輪やリードなどのペットグッズも必要です。それぞれの値段はピンキリですが、合わせると最低でも2万円、高い場合は10万円ほどかかります。

狂犬病の予防注射・ワクチン接種

犬は狂犬病予防法に基づき、1年に1回狂犬病の予防注射を受ける必要があります。注射料金と証明書の発行料は合わせて4千円程度です。予防注射を受けさせなかった場合、飼い犬が狂犬病にかかるリスクが高まることはもちろん、飼い主に20万円以下の罰金が科される可能性もあります。

 

また、子犬を迎える場合、犬がかかりやすい病気を予防するため、混合ワクチンを接種させる必要があります。ワクチンの費用は種類や接種回数によって変わりますが、おおよそ2万円から3万円と考えておくと良いでしょう。

【サイズ別】犬の年間飼育費用

犬の肉球と円マークのイメージ

 

犬は小型犬と大型犬ではサイズが大きく異なります。そのため、エサ代や医療費などの年間飼育費用もサイズによって大きな差があります。基本的には犬のサイズが上がるにつれ、飼育費用も上がると考えておきましょう。

小型犬の場合

小型犬の年間飼育費用はおおよそ10~50万円で、内訳は以下の通りです。

 

  • ドライフード:1~4万円
  • ウェットフード:7~35万円
  • おやつ:1~3万円
  • おもちゃ:1~3万円
  • その他消耗品:2~5万円
  • 狂犬病予防注射:4千円
  • ワクチン接種:1万円
  • 健康診断:1~2万円
  • ノミ・ダニ薬:1.5万円
  • フィラリア薬:1万円

 

総合的な値段に大きな差が出る理由は、エサの種類です。ドライフードならば比較的安く抑えることができますが、食いつきの良いウェットフードやプレミアムフード、療法食などを食べさせるのであれば、費用はドライフードの数倍になる可能性があります。

中~大型犬の場合

中~大型犬の年間飼育費用はおおよそ15~75万円です。内訳は以下の通りです。

 

  • ドライフード:2~10万円
  • ウェットフード:18~55万円
  • おやつ:2~4万円
  • おもちゃ:1~3万円
  • その他消耗品:2~5万円
  • 狂犬病予防注射:4千円
  • ワクチン接種:1万円
  • 健康診断:1~2万円
  • ノミ・ダニ薬:2万円
  • フィラリア薬:1.5万円

 

中~大型犬の飼育費用の大きな差の理由も、エサ代です。中~大型犬は小型犬よりも食事量が多く、したがって1回分のコストの差も大きくなるので、金額の開きも大きくなります。

その他の場合によっては必要な経費

 

 

犬を飼育する上で、場合によって必要になるのが「去勢・避妊手術」「病気・ケガの治療」「ペット保険」「トリミング」「しつけ教室」です。それぞれにかかる費用を確認しておきましょう。

去勢・避妊手術費用

去勢・避妊手術は、飼い犬の不要な妊娠や発情期中のストレス低減、生殖器の病気の予防などが目的で行われます。オスの場合は精巣を取り除く手術が行われ、費用は1~2.5万円程度です。メスは子宮と卵巣を摘出する手術となり、費用は2~4万円とオスより高い傾向にあります。

病気・ケガの治療費

突然の病気やケガにより、治療費が必要になる場合もあります。治療費は病気の種類やケガの程度によって大きく異なるので、一概には言えませんが、犬の年間の治療費の平均は以下の通りです。

 

  • 小型犬:4.5万円程度
  • 中型犬:5.5万円程度
  • 大型犬:5.5万円程度

 

場合によっては、緊急の治療が必要となり、1回の支払いで数十万円かかったというケースもあります。愛犬に何かあった時にすぐに治療を受けさせられるように、いざという時のお金はある程度貯金しておきましょう。

ペット保険費用

犬には人間のように健康保険が適用されないため、医療費が高額になりがちです。ちょっとした病気やケガの治療でも、1回の診察・治療で数千円、場合によっては万単位のお金が必要になります。非常に高額な治療費による負担を減らすには、ペット保険がおすすめです。保険費用は年間4~6万円程度で、保険によって保険料や補償内容は異なるので、ペット保険への加入を考えているのであれば、複数社の中から愛犬に合った保険を探して決めるようにしましょう。

トリミング費用

長毛種の犬に欠かせないのがトリミングです。トリミングは素人でも不可能ではありませんが、カットの失敗やカット中のケガが心配であれば、プロに任せるのがおすすめです。カット費用はお店によってまちまちですが、毎月1万円程度と考えておきましょう。

しつけ教室費用

犬のしつけが上手くいかなかったり、きちんとしつけをする時間がなかったりする場合は、しつけ教室に通わせると良いでしょう。料金はお店や回数などによって異なりますが、1回3千円程度で、4~5回1セットで2~3万円程度です。ただし、マンツーマンでの指導や、数か月に渡って通わせる場合は、十数万円以上かかる場合もあります。

犬の腸内環境を整えて健康を守ろう

 

 

犬の年間飼育費用の中でも、病気の治療費や体調に合わせた療法食の費用は大きな割合を占めています。飼育費用を下げるため、なにより愛犬の健康を守るためには、身体に良い食事で丈夫な体を作ることが大切です。

犬の腸内環境の改善は「ナノワン」で

犬の健康を守るために、まず改善するべきは腸内環境です。腸は体の中でも免疫細胞が多く集まっている臓器であり、腸内環境を整えることで免疫力の向上や、丈夫な体作りが期待できるのです。犬の腸内環境を整えるには、腸温サプリメントの「ナノワン・リセット」がおすすめです。

 

「ナノワン・リセット」は腸を温めることで、腸の働きを活性化させて免疫力を上げ、腸内に溜まった毒素の排出を促進しやすくします。その結果、毒素によって引き起こされる可能性のあるがんや感染症、自己免疫疾患を防ぐ効果も期待できるのです。

犬の飼育に必要な年間費用は約10~75万円!想定外の出費にも備えておこう

 

 

犬の飼育費用は、犬のサイズやエサの種類、去勢・避妊手術を受けさせたり、しつけ教室に通わせたりなどの状況によって異なります。目安以上のお金が必要になる場合や、トラブルによる突然の出費もあるので、貯金をしたりペット保険に加入したりして、想定外の出費に備えてお金を備えておきましょう。

 

また、病気による愛犬の苦しみや治療費の出費を抑えるためには、普段から健康な体作りを意識するべきです。病気に負けない健康な体作りには、腸内環境を整えて免疫力を上げ、毒素をしっかりと排出することが大切です。ぜひ、当社の腸温サプリメント「ナノワン・リセット」で愛犬のお腹ケアを始めてみませんか。

 

ナノワン・リセットについてはこちらの記事で詳しく説明しています。

>『犬は「寒さ」には強くても「冷え」には弱い!』

 

今後の愛犬の健康にお役立て頂ければ幸いです。

お問い合わせはこちら

500円(税込・送料込)

ご購入はこちら

・1家庭2個までとさせて頂きます。
・在庫が無くなり次第終了いたします。
・こちらの商品は返品不可となります。

商品紹介

トライアルキャンペーン2024年2月29日まで。

 

今回、多頭飼い、大型犬にもお試し出来る様に通常1,000円のところ500円で販売させて頂きます。また、同時に2個までご購入可能にしました。この機会に是非、お試しください。

 

トライアルは、食べてくれるのかを試していただく為に販売しています。効果を保障するものではありません、ご理解の程宜しくお願いいたします。

 

 原材料:乳酸菌生産物質末、米粉、山芋末、純国産100%本葛末、ラフィノースオリゴ糖、昆布末、アップルファイバー、イワシ末、葉酸、ビタミンB1,B2,B12,C,A,E,D

 

原産国:日本 内容量:20g(形状:粉末)

与え方:腸内リセットレシピ参照

賞味期限:開封後10日以内にお使いください。

消費量:小型犬で約4~5回分(目安)

お支払い方法:クレジット/代引き/銀行振込【2日以内】

同包物:レシピ

下痢血便アルブミン低下

食事改善したい飼い主様が急増!

 

先ずは、下痢を止めてはいけない理由

肛門から下痢が出てくる理由を知ることから。

 

・なぜ、薬で腸が冷えるのか?

・なぜ、腸を温める必要があるのか?

・なぜ、トロトロスープが良いのか?

・なぜ、乳酸菌生産物質が必要なのか?徹底解説

お電話での無料相談はこちら

愛犬の為に詳しくお話をお聞きしたい飼い主様はお電話ください。

お問い合わせはこちら

アルブミン低下・繰り返す下痢・血便・軟便・嘔吐など、お気軽にお聞かせください。ご相談内容に合わせてこれまで5,000頭以上のワンちゃん達から培った私自身の体験、知識を交えて知り得る限りのアドバイスをさせていただきます。

※無料相談では商品の購入は受け付けておりません。アドバイスのみとなります。また、お名前をお聞きすることもありません。安心してご相談ください。

092−334−2068

【電話受付時間】10:00〜16:00
【定休日】土日祝日(臨時休業あり)
     年末年始、GW、夏季休暇

この記事を書いた人

坂田剛

(株)ラクト・ラボ代表取締役。20年間健康美容業界に携わり犬達の世界が人間と同じように生活習慣病が増え始めてきたことをきっかけに15年前に犬のサプリメント販売ラクト・ラボを起業。2018年に法人化。趣味は愛犬とキャンプに行き大自然とふれあいリフレッシュすること。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

食生活・生活習慣を見直して、ワンちゃんが健康で元気になるお手伝いをいたします。

092−334−2068 092−334−2068 arrow_right
PAGE TOP