犬をお風呂に入れる頻度は?お湯の温度など気になる注意点も紹介

LINEで送る
Pocket

お風呂に入っている犬

犬をお風呂に入れる適切な頻度は?

この記事を読むための時間:3分

愛犬をどれくらいの頻度でお風呂に入れていますか?実は犬のお風呂には適切な頻度があり、多くても少なくても良くないと言われています。この記事では、犬をお風呂に入れる適切な頻度を紹介するとともに、犬をお風呂に入れる時の注意点や、お風呂を嫌がる時の対処法などを紹介します。犬のお風呂に関する悩みがある方はぜひ参考にしてください。

犬のシャンプーの頻度は月2回がベスト

犬をお風呂に入れてシャンプーをする頻度は、月2回がベスト。2週間に1回を目安に入れてあげてください。長期間お風呂に入らないと、付着する汚れや分泌した皮脂・汗などによって臭いが強くなります。また、ノミ・ダニが付着して放置するとかゆみや皮膚炎の原因になることも。しかし、反対に高頻度で洗いすぎると、必要な油分まで流してしまい乾燥などのトラブルに繋がってしまいます。汚れや臭いが気になって頻繁に洗ってあげたい場合は、シャンプーを使わずお湯だけで洗うようにしましょう。

 

ただしこれは健康な犬の場合です。皮膚疾患がある犬や病気の犬などの場合は、適切なシャンプー頻度を医師に相談しながら行ってください。

 

 

犬をお風呂に入れる時の注意点

犬のシャンプーの頻度がわかったところで、続いては、犬をお風呂に入れる時に気をつけたいポイントを紹介します。

優しく洗ってあげる

犬の皮膚は人間のものよりも薄いため、とてもデリケートです。爪を立ててゴシゴシしたりせず、指の腹を使って優しく洗ってあげてください。シャンプーをもこもこに泡立てなくても、皮膚の汚れが落ちていればOKです。

適切なお湯の温度にする

お風呂でのお湯の温度は、人間にとって少しぬるめの37~38℃が適温だと言われています。ぬるめにするのは、皮膚の薄い犬は直接お湯がかかると熱さを感じやすく、また犬は体温調節が難しいので、体温が上がりすぎてしまう可能性があるためです。反対に冷たすぎても風邪を引いてしまうことがあるので注意しましょう。

シャワーの当て方に気を使う

犬はシャワーを怖がることが多いです。シャワーが苦手な犬には、シャワーヘッドを外してお湯が広がらないようにしてかけるか、お湯をためて洗面器でかけてあげるのが効果的。また、シャワーをかける時に犬の身体から離して当てると恐怖を感じやすく、お湯が当たる刺激も強くなるので、犬の身体にシャワーヘッドを近付けてお湯を当ててあげてください。

ドライヤーの当て方にも注意

シャワーと反対に、ドライヤーは犬の身体から離した場所から風を当ててあげましょう。犬は聴覚が優れているため、ドライヤーの音がうるさく聞こえ、不快に感じたり怖がったりします。また、近いほどドライヤーの風の温度も感じやすくなるので、注意しましょう。

耳の中に水が残らないようにする

シャンプーのあと、耳の中に水が残ったまま放置すると、カビや細菌繁殖の原因になったり、中耳炎や外耳炎を引き起こしたりすることがあります。犬の耳の中はデリケートなので直接触らず、タオルやコットン、犬用の綿棒などを使って優しく拭き取ってあげてください。

 

 

犬がお風呂を嫌がる時は?

犬はお風呂を嫌がる子も多いですよね。そんな時にはどうするべきなのでしょうか。3つの対処法を紹介するので、愛犬に合う方法を探ってみてください。

無理やり入れないことが大事

犬がお風呂を嫌がる時は、無理に入れようとしないことが大切です。身体を押さえつけたり扉の鍵をかけて出られないようにしたり、無理やりシャワーをかけるなどしてしまうと、犬にストレスや恐怖を感じさせてしまいます。またその結果、犬がお風呂を「怖い場所」「嫌なもの」と覚えてしまい、いつまで経っても嫌がるようになってしまうのです。どうしてもお風呂を嫌がる場合は、お風呂は翌日にする、濡れたタオルで拭いてあげる、ドライシャンプーをするなどの策をとってください。

リラックスするように洗ってあげる

犬にお風呂を好きになってもらえるように、マッサージするように優しく洗ってあげましょう。時にはぬるめのお湯をためて入浴させて、身体をマッサージしてあげるのもおすすめです。ポカポカと気持ちよくなってリラックスできると、お風呂を好きになってもらえるはずです。

手早く洗い終わる

リラックスさせるのが難しい場合は、手早くサッと洗い終わってすぐにお風呂から出してあげるのも効果的。「お風呂はすぐに終わるもの」だと覚えてもらって、お風呂への嫌悪感をなくしていきましょう。また、犬にできるだけストレスを与えないためにも手早く洗い終わることは有効です。

 

 

適切な頻度で愛犬をお風呂に入れてあげよう

犬をお風呂に入れる頻度は、2週間に1回程度の月2回がおすすめです。皮膚炎や乾燥などを引き起こすこともあるので、適切な頻度で入れてあげてください。また、今回紹介した注意点も押さえつつ、お風呂を好きになってもらうように心がけてあげましょう。綺麗さっぱり、快適に過ごせると、ワンちゃんも嬉しいはずです!

 

今後の愛犬の健康にお役立て頂ければ幸いです。

お問い合わせはこちら

500円(税込・送料込)

ご購入はこちら

・1家庭2個までとさせて頂きます。
・在庫が無くなり次第終了いたします。
・こちらの商品は返品不可となります。

商品紹介

トライアルキャンペーン2024年2月29日まで。

 

今回、多頭飼い、大型犬にもお試し出来る様に通常1,000円のところ500円で販売させて頂きます。また、同時に2個までご購入可能にしました。この機会に是非、お試しください。

 

トライアルは、食べてくれるのかを試していただく為に販売しています。効果を保障するものではありません、ご理解の程宜しくお願いいたします。

 

 原材料:乳酸菌生産物質末、米粉、山芋末、純国産100%本葛末、ラフィノースオリゴ糖、昆布末、アップルファイバー、イワシ末、葉酸、ビタミンB1,B2,B12,C,A,E,D

 

原産国:日本 内容量:20g(形状:粉末)

与え方:腸内リセットレシピ参照

賞味期限:開封後10日以内にお使いください。

消費量:小型犬で約4~5回分(目安)

お支払い方法:クレジット/代引き/銀行振込【2日以内】

同包物:レシピ

下痢血便アルブミン低下

食事改善したい飼い主様が急増!

 

先ずは、下痢を止めてはいけない理由

肛門から下痢が出てくる理由を知ることから。

 

・なぜ、薬で腸が冷えるのか?

・なぜ、腸を温める必要があるのか?

・なぜ、トロトロスープが良いのか?

・なぜ、乳酸菌生産物質が必要なのか?徹底解説

お電話での無料相談はこちら

愛犬の為に詳しくお話をお聞きしたい飼い主様はお電話ください。

お問い合わせはこちら

アルブミン低下・繰り返す下痢・血便・軟便・嘔吐など、お気軽にお聞かせください。ご相談内容に合わせてこれまで5,000頭以上のワンちゃん達から培った私自身の体験、知識を交えて知り得る限りのアドバイスをさせていただきます。

※無料相談では商品の購入は受け付けておりません。アドバイスのみとなります。また、お名前をお聞きすることもありません。安心してご相談ください。

092−334−2068

【電話受付時間】10:00〜16:00
【定休日】土日祝日(臨時休業あり)
     年末年始、GW、夏季休暇

この記事を書いた人

坂田剛

(株)ラクト・ラボ代表取締役。20年間健康美容業界に携わり犬達の世界が人間と同じように生活習慣病が増え始めてきたことをきっかけに15年前に犬のサプリメント販売ラクト・ラボを起業。2018年に法人化。趣味は愛犬とキャンプに行き大自然とふれあいリフレッシュすること。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

食生活・生活習慣を見直して、ワンちゃんが健康で元気になるお手伝いをいたします。

092−334−2068 092−334−2068 arrow_right
PAGE TOP