愛犬の大腸炎が薬を飲ませても治らず酷くなって行きます。

LINEで送る
Pocket

極度の大腸炎でリンパ腫

 

8歳のトイプードルを飼っています。半年くらい前に三日間ほど下痢が続いてたので病院に連れていき血液検査、エコー検査をしてもらいました。診断結果は大腸炎ではないかと言われました。

 

 

今はそこまで酷い大腸炎ではないので今食べさせているフードを消化器サポートというフードに変え整腸剤と薬で様子を見ることになりました。また「大腸炎は程度に違いはあるもののこのまま下痢が止まらない時は内視鏡検査をして詳しく調べないといけませんね」とのことでした。

 

 

極度の大腸炎でリンパ腫「の可能性?」で薬?・・・

 

それから二週間言われる通りに様子を見ていましたが症状がだんだん酷くなってきました。初めの一週間は特に変わらずだったのですが。急に悪化したのかと不安になり病院へ直ぐに連れて行きました。前回おっしゃっていたようにやはり内視鏡検査をしないと原因がわからないと言われ後日内視鏡検査をしていただきました。

 

するとかなりの炎症があり極度の大腸炎でリンパ腫の可能性もあるので今の薬にプラスしてベジタブルサポートというサプリと新たな薬を与えることになりました。

 

「しかしこのまま症状がさらに悪化するようであれば更に別の薬の投与も必要になるかもしれない」と言われました。ほんの半年前まで何の病気もせず食欲元気もあったのにこの半年でここで酷くなるとは思いもせず不安で不安でこれで治らなかったらって。酷い大腸炎ではないとおっしゃっていたので軽く考えていたのに悪いことばかり頭をよぎり毎日不安です。

 

愛犬の下痢に悩んだら知ってほしいことがあります。

>『下痢の改善は3つのポイントと現代の犬の生態を知る事が鍵となる。

 

 

この不安が的中しこれだけの薬を飲ませても一向に回復は見られず更に病院からもらったフードも徐々に食べなくなり今は全く口をつけなくなりました。大腸炎は酷くなるしご飯も食べないとなると体力もなくなるので今までのフードに変え与えました。何とか食べてくれています。ですが顔つきが変わり辛そうでかわいそうなくらいになり明らかにおかしいのです。

 

先生がおっしゃっていた「極度の大腸炎でこれで治らなかったら」という言葉が頭から離れず不安と恐怖でいっぱいです。これ以上辛い顔を見たくないし病院に連れていくのが怖くなりました。色々と考え悪化し薬の副作用で死んでしまうことも考えられると思いこれ以上薬を飲ませることをやめようと決めました。

 

それからネットで同じ大腸炎で回復した子がいないか?悩んでいる人がいないか?必死で探しましたが大腸炎は多いものの改善したという子がいなく、殆どの子がやはり薬を飲みながら改善中でした。

 

そんな中、こちらのラクトラボ様のサイトにたどり着き、大腸炎から回復したヨーキーのほたるちゃんの体験談を読ませていただきうちの子よりも高齢で小さい体で回復した姿がとても勇気づけられました。もうすでに手のつけようがない状態ですが治してあげたくご相談させていただきました。よろしくお願いいたします。

 

大腸炎は木になった一つのリンゴに過ぎない

 

下痢をすると大腸炎と言われることはとても多いようですね!中でも大腸炎の可能性がある、大腸炎だと思う、など曖昧な言葉で診断されることも多いようです。要は大腸炎が下痢の原因だとおっしゃっているのだと思います。ですが大腸炎が下痢の原因ではなく肝心なのは大腸炎になった原因なんです。

 

 

簡単に言えば下痢を治したい訳です。なので大腸炎になった原因を知り確実に元に戻すことがこの子の回復につながります。その原因がわからないので大腸炎と言われているのだと思います。

 

ある意味、小腸炎でもただの腸炎でも何でもよかった訳です。現に大腸炎は緩和すらすることなく飼い主さんをどん底まで突き落としたのです。

 

このようなご相談は毎日のように入ってきています。大腸炎は木になったリンゴと同じなんです。家の壁、柱、屋根と同じなんです。大腸炎だけを見ることによって間違った方向に進んでしまいます。木であれば各リンゴ一つ一つが病気や症状です。家で言えば壁や柱や床や屋根がそれそれが病気や症状です。今回の大腸炎に対しての対処はそれぞれの病気や症状に対して治療を行い木であれば根っこを腐らし家であれば基礎を傾けただけなんです。

 

 

なので木は枯れ果て、家は倒壊するのと同じです。木を見て森を見ずとはまさにこの事です。健康の基本も全く同じなんです。この根っこであり基礎に当たるのが腸の冷えです。

 

なのでまずは健康の基盤である腸の冷えをまず取り除くことがとても大切なんです。1の次が2です。2の次が3です。殆どの場合が1を飛び抜かして2から始めるからおかしくなっていくんですね。

 

今後の愛犬の健康に大いに役に立てて頂きたいと思います。 

お問い合わせはこちら

500円(税込・送料込)

ご購入はこちら

・1家庭2個までとさせて頂きます。
・在庫が無くなり次第終了いたします。
・こちらの商品は返品不可となります。

商品紹介

トライアルキャンペーン2024年2月29日まで。

 

今回、多頭飼い、大型犬にもお試し出来る様に通常1,000円のところ500円で販売させて頂きます。また、同時に2個までご購入可能にしました。この機会に是非、お試しください。

 

トライアルは、食べてくれるのかを試していただく為に販売しています。効果を保障するものではありません、ご理解の程宜しくお願いいたします。

 

 原材料:乳酸菌生産物質末、米粉、山芋末、純国産100%本葛末、ラフィノースオリゴ糖、昆布末、アップルファイバー、イワシ末、葉酸、ビタミンB1,B2,B12,C,A,E,D

 

原産国:日本 内容量:20g(形状:粉末)

与え方:腸内リセットレシピ参照

賞味期限:開封後10日以内にお使いください。

消費量:小型犬で約4~5回分(目安)

お支払い方法:クレジット/代引き/銀行振込【2日以内】

同包物:レシピ

下痢血便アルブミン低下

食事改善したい飼い主様が急増!

 

先ずは、下痢を止めてはいけない理由

肛門から下痢が出てくる理由を知ることから。

 

・なぜ、薬で腸が冷えるのか?

・なぜ、腸を温める必要があるのか?

・なぜ、トロトロスープが良いのか?

・なぜ、乳酸菌生産物質が必要なのか?徹底解説

お電話での無料相談はこちら

愛犬の為に詳しくお話をお聞きしたい飼い主様はお電話ください。

お問い合わせはこちら

アルブミン低下・繰り返す下痢・血便・軟便・嘔吐など、お気軽にお聞かせください。ご相談内容に合わせてこれまで5,000頭以上のワンちゃん達から培った私自身の体験、知識を交えて知り得る限りのアドバイスをさせていただきます。

※無料相談では商品の購入は受け付けておりません。アドバイスのみとなります。また、お名前をお聞きすることもありません。安心してご相談ください。

092−334−2068

【電話受付時間】10:00〜16:00
【定休日】土日祝日(臨時休業あり)
     年末年始、GW、夏季休暇

この記事を書いた人

坂田剛

(株)ラクト・ラボ代表取締役。20年間健康美容業界に携わり犬達の世界が人間と同じように生活習慣病が増え始めてきたことをきっかけに15年前に犬のサプリメント販売ラクト・ラボを起業。2018年に法人化。趣味は愛犬とキャンプに行き大自然とふれあいリフレッシュすること。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

食生活・生活習慣を見直して、ワンちゃんが健康で元気になるお手伝いをいたします。

092−334−2068 092−334−2068 arrow_right
PAGE TOP