マルチーズがかかりやすい病気とその予防法!

LINEで送る
Pocket

 

マルチーズは、その愛らしいルックスと性格で多くの人々に愛されていますが、実際には特定の病気にかかりやすい犬種でもあります。この記事では、マルチーズのオーナーが知っておくべき、マルチーズかかりやすい病気とその予防法について詳しく解説します。

 

皮膚病や呼吸器系の問題、歯の疾患、消化器系のトラブルといった具体的な病気の症状とその原因、そして発症を予防するための日常ケアのポイントを取り上げています。特に、遺伝的要因や食事の影響など病気のリスク要因を理解することで、より効果的な予防策を講じることが可能になります。

 

さらに、定期的な健康チェックや腸を冷やさない食事といった具体的な予防法を実践することで、マルチーズの健康を守る手助けができます。今すぐできる予防策や有益なアドバイスを通じて、大切な愛犬の健康をより良い状態に保つための知識を深めてみてください。

マルチーズがかかりやすい病気

 

マルチーズは、その可愛らしい容姿と愛らしい性格から人気のある犬種ですが、その一方で特有の健康問題に悩まされやすいことも知られています。ここでは、マルチーズが特にかかりやすいとされる病気について詳しく見ていきます。

 

常見の皮膚病

マルチーズは、その美しい被毛のために頻繁なグルーミングが求められますが、皮膚病は非常に一般的な健康問題の一つです。皮脂腺の過剰分泌やアレルギー反応、さらには細菌やカビの感染が原因です。また、皮膚はマルチーズの敏感な部分であり、季節の変わり目や環境の変化が影響を与えることもあります。定期的なシャンプーやブラッシングを怠らず、健康的な皮膚環境を保つことが、予防と早期発見に役立ちます。

 

呼吸器系の問題

小型犬のマルチーズは、特に呼吸器系の問題に悩まされることがあります。鼻腔が狭く呼吸が困難になるブラキオセファリック症候群や、気管が狭くなる気管虚脱が代表的なものです。これにより、咳やくしゃみ、呼吸が速くなるなどの症状が現れます。これらの問題は日常の生活でストレスや運動によって悪化することもあるため、管理が必要です。早期の獣医師の診察と適切な治療が重要となります。

 

歯の疾患

マルチーズは、歯周病歯槽膿漏といった口腔の問題を抱えやすい犬種です。これらは歯垢の蓄積が主な原因となり、放置すると歯茎の炎症や歯の喪失へと進行します。飼い主は定期的な歯磨きや、適切なデンタルケア製品を使用して、口腔健康を維持することが求められます。また、定期的な歯科チェックとクリーニングが、深刻な問題を未然に防ぐために不可欠です。

 

消化器系のトラブル

マルチーズは、消化器系にもトラブルを抱えやすい傾向があります。特に、胃腸の過敏症や食物アレルギーが多く報告されています。これにより、嘔吐や下痢、食欲不振などの症状が現れることがあり、これが繰り返されると体重減少や体力低下を招きます。食事の管理が重要で、獣医の指導のもとで特定の食事療法やサプリメントを取り入れることが求められます。定期的な健康チェックと食事の見直しが、消化器系の問題の予防と管理に役立ちます。

 

 

病気の原因リスク要因

 

マルチーズは可愛らしい小型犬種で、その優れた魅力ゆえに多くの家庭で愛される存在ですが、健康に注意が必要な犬種でもあります。特定の病気にかかりやすい要因とリスクを理解することで、予防や早期発見の手助けになるでしょう。本章では主に遺伝的要因と食事の影響について詳しく述べます。

 

遺伝的要因

まず、遺伝的要因について説明します。マルチーズは他の犬種と同様に遺伝的な疾患を抱えることがあります。これには、血統に特有の遺伝病や、特定の遺伝子が関与する病気が含まれます。遺伝的要因は、その犬自身が健康な生活を送っていたとしても避けられない部分があります。

 

例えば、マルチーズの中には進行性網膜萎縮症(PRA)や膝蓋骨脱臼などの遺伝的疾患にかかりやすい個体が見られます。進行性網膜萎縮症は、視力が徐々に低下し最終的には失明に至る病気であり、膝蓋骨脱臼は膝関節が正常な位置からずれてしまう状態を指します。また、心疾患肝疾患も遺伝的に発症しやすい場合があります。

 

遺伝的な病気の予防には、信頼できるブリーダーからの購入や、親犬の健康状態や血統に関する情報を確認することが重要です。また、獣医師による定期的な健康診断を受けることで、早期の兆候を見逃さずに対処することが求められます。

 

食事の影響

次に食事の影響についてです。マルチーズの健康において、食事は非常に重要な役割を果たします。適切な栄養素が含まれている食事を与えることで、健康維持や病気の予防が期待できます。

 

一方で、低品質なドッグフード不適切な食事バランス、冷えた食事は、様々な健康問題を引き起こすリスクがあります。例えば、高カロリーの食材や人間の食べ物を過剰に与えると、肥満や糖尿病に繋がる可能性があります。肥満は心疾患や関節の問題を引き起こすリスクも高めます。

 

さらに、特定の食品成分にアレルギーを持つ犬もおり、アレルギー反応は皮膚炎や消化器系の問題を引き起こします。マルチーズの食事には冷やさない温かい食事を選ぶことが推奨されます。また、食事の際には適度な運動も併せて取り入れることで、全体的な健康を維持することができます。

 

総じて、マルチーズの健康を維持するためには、遺伝的要因と食事の影響のそれぞれに対して適切なケアが必要です。日常的な食生活や定期的な健康診断、遺伝的要因の理解と対策を組み合わせて、愛犬の健康を支えていくことが大切です。

 

>『犬の腸を冷やす強烈な原因と解決策を解説

 

 

病気の予防

 

愛犬の健康を守るためには、病気の予防が何よりも重要です。予防策を講じることで、愛犬が長寿で健康的な生活を送る手助けになるでしょう。本章では、特に効果的とされる予防法について詳しく説明します。

 

定期的な健康チェック

健康チェックは愛犬の体調管理において欠かせない要素です。定期的な健康チェックを実施することで、早期に異常を発見し、適切な治療を行うことができます。理想的には、少なくとも半年に一度、動物病院での健康診断を受けるべきです。この診断では、血液検査、尿検査、心音チェック、体重測定などが行われます。

 

これにより、内臓疾患や糖尿病、腫瘍などの初期症状を見逃さずに済みます。また、定期的な診断によって、愛犬の健康状態の変化を把握することができるため、重大な病気の進行を未然に防ぐことができます。健康診断の際には、気になる症状や普段の行動の変化について、しっかりと獣医師に伝えることが大切です。これにより、より正確な診断と効果的な治療が可能となります。

 

さらに、家庭での日常的な健康チェックも重要です。愛犬の毛並みの輝きや肌の状態、食欲、排泄物の状態などを観察し、少しでも異常を感じたら早めに動物病院を受診しましょう。特に高齢犬は、関節炎や歯の疾患などのリスクが高まるため、定期的なチェックがより重要となります。

 

腸を冷やさない食事

腸の健康を保つことは、愛犬の全身の健康を支える基盤となります。腸を冷やさない食事を意識することで、腸内環境を良好に保ち、免疫力を高めることができます。まず、冷たい食べ物や飲み物は避けるようにしましょう。冷えた食事は腸内の悪玉菌の増殖を助長し、腸内環境を悪化させる原因となります。

 

また、消化に良い温かい食事を提供することが重要です。煮込んだ野菜やスープなどを取り入れると良いでしょう。特に、茹でた鶏肉や白身魚などの消化しやすいタンパク質をバランスよく含む食事は、腸の働きを助けます。さらに、プロバイオティクスを含む食品やサプリメントを摂取することも、腸内の善玉菌の働きをサポートします。

 

愛犬の食事には、適量の繊維を含むことも忘れないようにしましょう。繊維は腸内の有害物質を排出し、腸壁を健康に保つ働きがあります。ただし、過剰摂取は逆効果になることもあるため、適量を守ることが大切です。新鮮な野菜や果物を適度に与えることで、バランスの取れた食事が実現します。

 

最後に、水分補給も非常に重要です。水分が不足すると腸の動きが鈍くなり、便秘などのトラブルを引き起こします。常に新鮮な水を提供し、愛犬が十分な水分を摂取できるように心掛けましょう。

 

これらの予防法を取り入れることで、愛犬の健康を守り、病気のリスクを大幅に減少させることができるでしょう。日々のケアを怠らず、愛犬と共に健康で幸せな時間を過ごしてください。

 

>『犬の「腸活」基礎知識|腸の温度を上げないと腸内環境は改善しない

 

今後の愛犬の健康にお役立て頂ければ幸いです。

下痢血便アルブミン低下

食事改善したい飼い主様が急増!

 

先ずは、下痢を止めてはいけない理由

肛門から下痢が出てくる理由を知ることから。

 

・なぜ、薬で腸が冷えるのか?

・なぜ、腸を温める必要があるのか?

・なぜ、トロトロスープが良いのか?

・なぜ、乳酸菌生産物質が必要なのか?徹底解説

お問い合わせはこちら

1,000円(税込・送料込)

ご購入はこちら

・1家庭1個までとさせて頂きます。
・在庫が無くなり次第終了いたします。
・こちらの商品は返品不可となります。

商品紹介

トライアルは、食べてくれるのかを試していただく為に販売しています。効果を保障するものではありません、ご理解の程宜しくお願いいたします。

 

 原材料:乳酸菌生産物質末、米粉、山芋末、純国産100%本葛末、ラフィノースオリゴ糖、昆布末、アップルファイバー、イワシ末、葉酸、ビタミンB1,B2,B12,C,A,E,D

 

原産国:日本 内容量:20g(形状:粉末)

与え方:腸内リセットレシピ参照

賞味期限:開封後10日以内にお使いください。

消費量:小型犬で約4~5回分(目安)

お支払い方法:クレジット/代引き

同包物:レシピ

電話無料相談はこちら

愛犬の為に詳しくお話をお聞きしたい飼い主様はお電話ください。

お問い合わせはこちら

アルブミン低下・繰り返す下痢・血便・軟便・嘔吐など、お気軽にお聞かせください。ご相談内容に合わせてこれまで5,000頭以上のワンちゃん達から培った私自身の体験、知識を交えて知り得る限りのアドバイスをさせていただきます。

※無料相談では商品の購入は受け付けておりません。アドバイスのみとなります。また、お名前をお聞きすることもありません。安心してご相談ください。

092−334−2068

【電話受付時間】10:00〜16:00
【定休日】土日祝日(臨時休業あり)
     年末年始、GW、夏季休暇

この記事を書いた人

坂田剛

(株)ラクト・ラボ代表取締役。20年間健康美容業界に携わり犬達の世界が人間と同じように生活習慣病が増え始めてきたことをきっかけに15年前に犬のサプリメント販売ラクト・ラボを起業。2018年に法人化。趣味は愛犬とキャンプに行き大自然とふれあいリフレッシュすること。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

食生活・生活習慣を見直して、ワンちゃんが健康で元気になるお手伝いをいたします。

092−334−2068 092−334−2068 arrow_right
PAGE TOP