フレンチブルドッグの体調不良と血液検査|低アルブミン改善の決め手は腸の温活

LINEで送る
Pocket

 

フレンチブルドッグの飼い主さんの中には、愛犬の体調がなかなか安定せず、悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここ数年、フレンチブルドッグの人気はうなぎ登りです。愛くるしい容姿、無駄吠えの少なさなどを考えれば、現在の人気ぶりは当然とも言えますが…。

 

人気とは裏腹に、フレンチブルドッグは病気が多い犬種として知られています。もしも愛犬のフレンチブルドッグの下痢が一向に治らず血液検査で低アルブミンが判明したら、投薬治療での完治は期待できません。なぜなら、腸内環境を改善しない限りアルブミン値は改善しないからです

 

アルブミンの役割は水・カルシウム・亜鉛・薬の成分等を細胞に届けること

 

なぜフレンチブルドッグのアルブミン値が低下すると、投薬治療での改善は期待できないのでしょうか――。それは、アルブミンの役割を見れば一目瞭然です。

 

アルブミンは主に「水分」「カルシウム」「亜鉛」「薬の成分」などを細胞に届ける役割を担っています。つまり、アルブミン値が不足した体では、いくら栄養のあるものを食べようが薬を飲もうが、運び手が足りないせいで栄養も薬の成分も細胞に行き渡らせることができません

 

また、アルブミンが不足した体内では、血液中の水分すらまともに細胞へ届けられない状態が続いています。その結果、運び手のいない水分は血管から染み出して血管外へ漏れ出し、血管と細胞の間に溜まることに。低アルブミン血症の犬の体が浮腫んだり、腹水が溜まるのはそれが原因です。

 

現在ステロイド治療をしている又は可能性がある方はこちらも合わせてご覧ください。

>『 犬のステロイド治療と副作用|脱投薬のカギは腸内環境の改善

 

 

アルブミン不足の体に投薬しても、その場しのぎにしかならない

 

犬のアルブミン値が低下すると、動物病院では次のような治療が選択されることになるでしょう。

 

・良質なタンパク質を含むドッグフード(療法食)への変更

・アミノ酸製剤、ステロイド等の投与

・免疫力が低下している場合は抗生剤の投与

・浮腫みがある場合は利尿剤の投与

 

これらの治療は、目の前の症状を一時的に抑える、という意味では正しいのかもしれません。しかし、根本治療を目指すなら、そもそものスタート地点がずれています。

 

と言うのも、前項で述べた通り、アルブミンが不足した状態では、水・栄養・薬の成分を全身の隅々にまで届けることができません。つまり、栄養や薬の成分が効果をあげられるのは、アルブミン値が回復してからです。そこにフォーカスしないまま栄養や薬をどんどん投入したところで、期待するような成果が出るはずもありません。それどころか、栄養や薬の成分を吸収できない疲弊しきった腸を、なおのこと痛めつけることになるでしょう。

 

浮腫みが生じている体に必要なのは、利尿剤によって無理矢理水分を排出させることではありません。もちろん、今現在すでに溜まってしまった余分な水分を排出させることは必要です。薬とは、本来そのような対症療法のためにあるはず。しかし、そればかりを繰り返したところで、根本的な解決にはならないのです。

 

アルブミン低下と食事についてはこちらの記事で詳しく説明しています。

犬のアルブミン低下を食事で改善したい飼い主様が急増!

 

 

アルブミン値上昇を目指すなら、栄養を吸収できる状態に腸を回復させることが先決

 

アルブミンが低下するのは、腸に炎症が起きているから」→「炎症を抑える薬の投与」→「アブルミン不足の体では薬の成分が行き届かない」→「アルブミン値が改善しない」→「アルブミンが低下するのは、腸に炎症が起きているから」…………

 

根本的な原因を解決しないまま投薬治療を続けても、このような悪循環に陥るだけです。この連鎖を断ち切るには、健康な腸を取り戻すしか方法はありません。すなわち、徹底した腸内環境の改善でアルブミン値を正常に戻し、水分・栄養がきちんと細胞に届けられる体にする必要があります。

 

水分と栄養がしっかり細胞の一つ一つに行きわたるようになった体は、もう薬を必要としなくなるでしょう。そのためにも、「腸を温める食事」で腸内環境を善玉菌優勢に整えることが先決です。

 

冷えきった腸を温め、自力でアルブミン値を正常範囲に戻せるようになるには、ある程度時間が必要です。腸を温める温活食に薬のような即効性はありませんが、アルブミン値が低下する根本的な原因を解決するには、じっくり時間をかけて腸を回復させなければなりません。

 

冷えた腸をしっかり温めるには、毎日コツコツ温活食を続ける――これこそが、遠回りなようで実は健康への近道です。

 

アルブミン数値の改善方法についてはこちらの記事で詳しく説明しています。

>『犬の腸は冷えている!アルブミン値改善の切り札は腸の温活』

 

フレンチブルドッグは病気が多いと言わせない健康な体づくり

 

下痢や嘔吐など体調不良で苦しむ愛犬の姿を目の当たりにすると、私たちはどうしても「目に見える即効性」に頼りがちです。しかし、愛犬の生涯をトータルで考えたら、本当の意味で健康な体を取り戻してこそ、健康長寿につながるのではないでしょうか。

 

今後の愛犬の健康にお役立て頂ければ幸いです。

下痢血便アルブミン低下

食事で改善したい飼い主様が急増!

 

薬に頼らない、腸内環境からの根本的な解決

 

・なぜ、薬で腸が冷えるのか?

・なぜ、腸を温める必要があるのか?

・なぜ、トロトロスープが良いのか?

・なぜ、乳酸菌生産物質が必要なのか?徹底解説

お問い合わせはこちら

1,000円(税込・送料込)

ご購入はこちら

・1家庭1個までとさせて頂きます。
・在庫が無くなり次第終了いたします。
・こちらの商品は返品不可となります。

商品紹介

トライアルは、食べてくれるのかを試していただく為に販売しています。効果を保障するものではありません、ご理解の程宜しくお願いいたします。

 

 原材料:乳酸菌生産物質末、米粉、山芋末、純国産100%本葛末、ラフィノースオリゴ糖、昆布末、アップルファイバー、イワシ末、葉酸、ビタミンB1,B2,B12,C,A,E,D

 

原産国:日本 内容量:20g(形状:粉末)

与え方:腸内リセットレシピ参照

賞味期限:開封後10日以内にお使いください。

消費量:小型犬で約4~5回分(目安)

お支払い方法:クレジット決済のみ

同包物:レシピ

お電話での無料相談はこちら

お問い合わせはこちら

アルブミン低下・繰り返す下痢・血便・軟便・嘔吐など、お気軽にお聞かせください。ご相談内容に合わせてこれまで5,000頭以上のワンちゃん達から培った私自身の体験、知識を交えて知り得る限りのアドバイスをさせていただきます。

※無料相談では商品の購入は受け付けておりません。アドバイスのみとなります。また、お名前をお聞きすることもありません。安心してご相談ください。

092−334−2068

【電話受付時間】10:00〜16:00
【定休日】土日祝日(臨時休業あり)
     年末年始、GW、夏季休暇

この記事を書いた人

坂田剛

(株)ラクト・ラボ代表取締役。20年間健康美容業界に携わり犬達の世界が人間と同じように生活習慣病が増え始めてきたことをきっかけに15年前に犬のサプリメント販売ラクト・ラボを起業。2018年に法人化。趣味は愛犬とキャンプに行き大自然とふれあいリフレッシュすること。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

食生活・生活習慣を見直して、ワンちゃんが健康で元気になるお手伝いをいたします。

092−334−2068 092−334−2068 arrow_right
PAGE TOP