犬に処方される薬の副作用

LINEで送る
Pocket

愛犬の下痢が続く時の原因と対処法

 

薬の副作用を知っておくと選択能力が身に付く

 

愛犬が急に具合が悪くなればとても心配になります。そんな場合は直ぐに病院に連れていき検査をしなくてはなりません。そして原因を突き止めることです。

 

その原因に応じて薬を投与又は処方してもらいます。急を要する場合は薬を飲ませるしかありませんが、ここで薬の副作用をある程度知っておかれると今後の役に立つのではないでしょうか。

 

 

 

現代薬は、20世紀医療の偉大な業績のひとつと言われ、犬用として多くの薬剤が認可されています。新しい薬剤はすべて、安全性と有効性を十分確認したうえで使用されますが、それでも好ましくない副作用が出ることがあります。

 

薬剤を過量に用いたり、使用日的を誤った場合にはなおさらです。抗生物質は、細菌や真菌を破壊して、自然防御能に侵入者を攻撃するための時間を与えてくれますが、犬に有益な微生物を破壊することもあります。

 

ワクチンは、犬の免疫系を刺激して敦死的な感染症を防御しますが、有害反応を引き起こすこともあります。

 

 

鎮痛薬は、痛みからくるストレスを軽くして、できるだけ早く修復を開始できるようにしてくれますが、不適切な投与は、胃や腸に傷害をもたらします。

 

麻酔薬は、痛みを含むすべての感覚を麻痺させ、獣医師による検査や外科治療を可能にしますが、麻酔によるショックで命を落とすこともあります。

 

ホルモンは、生体の機能を刺激したり抑制したりしますが、用量をまちがえると副作用を引き起こします。まだまだありますが代表的なものだけでも知っておいてくださいね。

 

愛犬の体内にどれだけの力があるのか測定することはできません。健康は失ってはじめてそのありがたさがわかります

 

私たちは、私たちのみならず、愛犬についても、常に腸内環境を温め、整え万全にしておくことが重要なんです。人間も犬も自身の力を上げることで健康を守れます。その力は腸内で作られるということなのです。

 

今後の愛犬の健康にお役に立てれば幸いです。

お問い合わせはこちら

500円(税込・送料込)

ご購入はこちら

・1家庭2個までとさせて頂きます。
・在庫が無くなり次第終了いたします。
・こちらの商品は返品不可となります。

商品紹介

トライアルキャンペーン2024年2月29日まで。

 

今回、多頭飼い、大型犬にもお試し出来る様に通常1,000円のところ500円で販売させて頂きます。また、同時に2個までご購入可能にしました。この機会に是非、お試しください。

 

トライアルは、食べてくれるのかを試していただく為に販売しています。効果を保障するものではありません、ご理解の程宜しくお願いいたします。

 

 原材料:乳酸菌生産物質末、米粉、山芋末、純国産100%本葛末、ラフィノースオリゴ糖、昆布末、アップルファイバー、イワシ末、葉酸、ビタミンB1,B2,B12,C,A,E,D

 

原産国:日本 内容量:20g(形状:粉末)

与え方:腸内リセットレシピ参照

賞味期限:開封後10日以内にお使いください。

消費量:小型犬で約4~5回分(目安)

お支払い方法:クレジット/代引き/銀行振込【2日以内】

同包物:レシピ

下痢血便アルブミン低下

食事改善したい飼い主様が急増!

 

先ずは、下痢を止めてはいけない理由

肛門から下痢が出てくる理由を知ることから。

 

・なぜ、薬で腸が冷えるのか?

・なぜ、腸を温める必要があるのか?

・なぜ、トロトロスープが良いのか?

・なぜ、乳酸菌生産物質が必要なのか?徹底解説

お電話での無料相談はこちら

愛犬の為に詳しくお話をお聞きしたい飼い主様はお電話ください。

お問い合わせはこちら

アルブミン低下・繰り返す下痢・血便・軟便・嘔吐など、お気軽にお聞かせください。ご相談内容に合わせてこれまで5,000頭以上のワンちゃん達から培った私自身の体験、知識を交えて知り得る限りのアドバイスをさせていただきます。

※無料相談では商品の購入は受け付けておりません。アドバイスのみとなります。また、お名前をお聞きすることもありません。安心してご相談ください。

092−334−2068

【電話受付時間】10:00〜16:00
【定休日】土日祝日(臨時休業あり)
     年末年始、GW、夏季休暇

この記事を書いた人

坂田剛

(株)ラクト・ラボ代表取締役。20年間健康美容業界に携わり犬達の世界が人間と同じように生活習慣病が増え始めてきたことをきっかけに15年前に犬のサプリメント販売ラクト・ラボを起業。2018年に法人化。趣味は愛犬とキャンプに行き大自然とふれあいリフレッシュすること。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

食生活・生活習慣を見直して、ワンちゃんが健康で元気になるお手伝いをいたします。

092−334−2068 092−334−2068 arrow_right
PAGE TOP