老犬が下痢をしやすいのはなぜ?

LINEで送る
Pocket

 

犬も年をとって老犬になると、体のあちこちにガタがくるものです。足腰の衰えや耳が遠くなるといった体の衰えは、老犬であればある程度は仕方がないことなのでしょう。

 

とはいえ、下痢軟便のような排泄のトラブルを見過ごすわけにはいきません。

 

なぜならお腹の調子の良し悪しは、老犬の生活の質を決める最重要ポイントだからです。穏やかな老犬ライフが送れるかは、ひとえにお腹の健康にかかっているといっても過言ではありません。

老犬が下痢や軟便をする原因とは?

 

加齢によって体のいろいろな機能が衰えがちな老犬は、ちょっとしたことで下痢や軟便をすることがあります。下痢をしたら下痢止めを飲ませればよい――と考えるかたもいるようですが、原因を考えないまま投薬をしたところで、根本的な解決にはなりません。

 

まずはなぜ愛犬のお腹の調子が崩れたのか、その原因をしっかりと考え、そのうえで適切な対処をとることがなによりも大切です。

 

老犬が下痢や軟便をする原因①消化吸収能力の衰え

加齢による体の衰えによって自律神経が乱れると、消化吸収に必要な消化液の分泌が減少しやすくなります。すると、消化吸収能力そのものが低下してしまい、その結果下痢や軟便をしやすくなることに…。

 

また、脳の認知機能が衰えると犬は不安を感じやすくなりますが、こういった精神的なストレスも自律神経を乱す原因となります。

 

年老いた愛犬の消化吸収能力が落ちてきたと感じたら、食事内容を見直すとともに、精神的なストレスをできるだけ感じさせないような、環境の見直しも大切です。

 

老犬が下痢や軟便をする原因➁腸内環境の悪化

犬の腸壁には絨毛(じゅうもう)という微細な突起が無数にあります。突起によって表面積を大きくすることで、食べ物の消化吸収力アップに役立っているわけですね。また、不要物を排泄にまわしたり善玉菌の住処になるなど、絨毛は様々な働きをしてくれています。

 

ところが、加齢によってこの絨毛が減少してしまうと、消化吸収能力が衰えるだけではなく、善玉菌の数まで減ってしまうことに…。

 

腸内環境を良好に保つことは、子犬期から老犬期まで生涯にわたって重要なことですが、特に老犬期は念入りな腸のケアが必要。ここを怠ると、あっという間にお腹の調子を崩してしまうことになるでしょう。

 

老犬が下痢や軟便をする原因③体温調節機能の衰えによる腸の冷え

犬も人間のお年寄りと同様に、加齢によって体温調節機能が衰えていきます。さらには熱を生み出す筋肉も減少してしまうため、悪い方の相乗効果で老犬の体温はますます低下しやすくなってしまうのです。

 

すると当然のことながら、腸の温度も低下してしまうため、低温を好む悪玉菌が増殖しやすい状態へと陥ることに。だからこそ、愛犬が年老いたら体の外側と内側の両側から温めることが必要なのです。

 

冬場の気温が低い時期はもちろんのこと、夏場も冷房で体が冷えていないかを飼い主さん自身の目と手で直接確認し、一年を通して快適に過ごせる環境に整えてあげましょう。

 

そして、腸の冷えを取り除いて体の内側から温める腸活のための食事を日常的に取り入れることが、全身のポカポカ――ひいては腸内環境の改善につながります。

 

>『犬の下痢の原因は冷やされた腸内環境にある。

 

 

老犬のお腹を守る食事とは?

 

下痢や軟便をしたから食事内容を見直す――。これはとても大切なことですが、より求められるのは「下痢や軟便をする前に食事内容を見直す」ことです。

 

加齢による消化機能の衰えで胃腸の基礎力が落ちている老犬にとって、理想的な食事に求められる要素は次の2つです。

 

  • 消化がしやすい
  • 栄養バランスが整っている

 

犬にとって最も重要な栄養素であるタンパク質は、できるだけ高品質なものを選びましょう。なぜなら、質の悪いタンパク質は胃腸に負担をかけることになり、分解の過程で有害なアンモニアを多く産生してしまうからです。

 

また、脂質は犬にとって重要なエネルギー源ではありますが、消化能力の衰えた老犬の胃腸にはあまり優しくありません。

 

そのため、老犬の食事はオメガ3脂肪酸などの質の良い脂質を適量摂れるようにして、消化吸収にエネルギーが必要な肉類などの飽和脂肪酸は、できるだけ少なくすることをおすすめします。

 

なんだか難しそうに感じるかもしれませんが、要は低脂肪食を基本にすればいいわけです。鶏の胸肉は皮を取り除くだけで、かなり脂肪の量を減らすことができますよ。ほんのちょっとの手間をかけることが、年老いた愛犬のお腹を守ることにつながるのです。

 

>『【現代の犬の健康】は、腸を温める食事の継続が必須条件となる

 

今後の愛犬の健康にお役立て頂ければ幸いです。

お問い合わせはこちら

1,000円(税込・送料込)

ご購入はこちら

・1家庭1個までとさせて頂きます。
・在庫が無くなり次第終了いたします。
・こちらの商品は返品不可となります。

商品紹介

トライアルは、食べてくれるのかを試していただく為に販売しています。効果を保障するものではありません、ご理解の程宜しくお願いいたします。

 

 原材料:乳酸菌生産物質末、米粉、山芋末、純国産100%本葛末、ラフィノースオリゴ糖、昆布末、アップルファイバー、イワシ末、葉酸、ビタミンB1,B2,B12,C,A,E,D

 

原産国:日本 内容量:20g(形状:粉末)

与え方:腸内リセットレシピ参照

賞味期限:開封後10日以内にお使いください。

消費量:小型犬で約4~5回分(目安)

お支払い方法:クレジット/代引き/銀行振込【2日以内】

同包物:レシピ

下痢血便アルブミン低下

食事改善したい飼い主様が急増!

 

先ずは、下痢を止めてはいけない理由

肛門から下痢が出てくる理由を知ることから。

 

・なぜ、薬で腸が冷えるのか?

・なぜ、腸を温める必要があるのか?

・なぜ、トロトロスープが良いのか?

・なぜ、乳酸菌生産物質が必要なのか?徹底解説

電話無料相談はこちら

愛犬の為に詳しくお話をお聞きしたい飼い主様はお電話ください。

お問い合わせはこちら

アルブミン低下・繰り返す下痢・血便・軟便・嘔吐など、お気軽にお聞かせください。ご相談内容に合わせてこれまで5,000頭以上のワンちゃん達から培った私自身の体験、知識を交えて知り得る限りのアドバイスをさせていただきます。

※無料相談では商品の購入は受け付けておりません。アドバイスのみとなります。また、お名前をお聞きすることもありません。安心してご相談ください。

092−334−2068

【電話受付時間】10:00〜16:00
【定休日】土日祝日(臨時休業あり)
     年末年始、GW、夏季休暇

この記事を書いた人

坂田剛

(株)ラクト・ラボ代表取締役。20年間健康美容業界に携わり犬達の世界が人間と同じように生活習慣病が増え始めてきたことをきっかけに15年前に犬のサプリメント販売ラクト・ラボを起業。2018年に法人化。趣味は愛犬とキャンプに行き大自然とふれあいリフレッシュすること。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

食生活・生活習慣を見直して、ワンちゃんが健康で元気になるお手伝いをいたします。

092−334−2068 092−334−2068 arrow_right
PAGE TOP