長い休み明けに愛犬が体調不良を起こさないよう、いつも以上にケアを

LINEで送る
Pocket

 

お留守番の時間が長い犬にとって、年末年始ゴールデンウィークお盆休みなどは飼い主さんと長く一緒にいられる嬉しい時間です。

 

飼い主さんにしても、平日はなかなか思うようにかまってあげられない分、いろいろな場所に連れていったりいつもより長くお散歩をしたりと、愛犬にサービスできますよね。

 

長い休みに愛犬をたくさんかまうことは、決して悪いことではありません。しかし、休み明けに愛犬が体調不良を起こさないよう、いつも以上に体調管理に気を配ることが大切です。

飼い主とたくさん遊んだ犬は喜びいっぱいだけど、いつもより睡眠不足

 

飼い主さんにとって、年末年始・ゴールデンウィーク・お盆休みなどのまとまった連休は、いつもとは違う生活リズムになりますよね。実はこれ、犬にとっても同じです。

 

普段は朝決まった時間に出かけていき、夜もある程度似たような時間帯に帰ってくる。そして週末は家にいる時間が長い――。犬は、飼い主さんのこうした生活サイクルを、こちらが考えている以上にしっかり把握しています。

 

では、飼い主さんが不在の間は何をしているのかといえば――。ありていに言ってしまえば、ほぼ寝ているんですね。

 

もちろん、オモチャで遊んだりオヤツをかじったり、多頭飼育であれば仲間の犬と遊ぶことはあるでしょう。しかし、大抵において留守番している時間の多くは睡眠にあてています。仮にあまり眠っていなかったとしても、基本的には休息している状態なんですね。

 

そのため、飼い主さんと長い時間一緒に過ごせる連休は、どうしても睡眠不足に陥りがちです。休息の時間が足りないと言い換えたほうが、わかりやすいでしょうか。

 

たとえ飼い主さんがいつもの散歩以外はどこにも犬を連れ出さなかったとしても、近くに大好きな飼い主さんが長い時間いるという状況は、犬の精神を通常より興奮させるには充分です。

 

もちろん、飼い主さんとたくさん遊べる連休は、睡眠や休息と引き換えにしても惜しくないほどに、犬にとっては楽しくて幸せな時間であることは間違いありません。

 

しかし、はしゃいだ反動――体調不良は休日明けにやってくるからこそ厄介なんです。

 

 

犬の休み明けの体調不良は精神的肉体的な要因によるもの

 

犬が飼い主の長い休み明けに体調不良を起こす原因は、主に次の二つです。

 

  • とても楽しい時間を過ごしたのに、またお留守番の時間が戻ってきてしまった寂しさ
  • いつもよりはしゃいだ時間を長く過ごしたことによる肉体的な疲労

 

そうなんです、犬が飼い主の長い休み明けに体調不良を起こす原因は、精神的なものと肉体的なもののハイブリッドなんですね。

 

実際に、連休明けの動物病院は体調不良の犬が次々にやってくるそうです。連休中は動物病院がお休みということもあり、定期的に通院している患者(患畜)と、急な体調不良で駆け込んでくる患者とで、かなり混み混みになるのだとか。

 

症状としては下痢や軟便、食欲不振あたりが多いそうなので、連休明けの体調不良はいわゆる土日病に近い状態といえそうですね。

 

>『トイプードルが下痢になる原因!2つの腸の冷えを解説。

 

 

愛犬が長い休み明けの体調不良を起こさないようにするには

 

飼い主の長い休みが通常の生活サイクルとはかなり違っていることが、休み明けの体調不良の原因です。

 

とはいえ、せっかくのまとまった連休だというのに、愛犬を楽しませてあげないなんて、なんだかもったいないですよね。できればアウトドアなどで楽しませてあげたいし、お散歩にしても、いつもより長く歩いてあげたい気持ちを無理に我慢することはありません。

 

大切なのは、連休中もオンとオフをしっかり明確にすることです。たくさん屋外で遊ばせたら、お家に帰ったあとは穏やに過ごさせてしっかり休ませる――飼い主さんにこの意識があるとないとでは、かなり違ってくるのではないでしょうか。

 

そのうえで、いつも以上に胃腸のことを考えた食事を心がけることが、疲労による消化不良を防いでくれるはずです。

 

仮にお腹の調子に何も問題がなかったとしても、下痢や軟便をしているときの食事内容を想定してみましょう。そして、たくさんオヤツを食べさせた日の夕食は、胃腸が疲れていることを前提にするのです。

 

お腹の調子を維持することができれば、休み明けの体調不良はかなりの確率で防げるはず。いつも以上に腸活を意識した食事作りをすることが、休み明けの体調不良から愛犬の体を守ってくれることにつながります。

 

>『犬の「腸活」基礎知識|腸の温度を上げないと腸内環境は改善しない

 

今後の愛犬の健康にお役立て頂ければ幸いです。

お問い合わせはこちら

500円(税込・送料込)

ご購入はこちら

・1家庭2個までとさせて頂きます。
・在庫が無くなり次第終了いたします。
・こちらの商品は返品不可となります。

商品紹介

トライアルキャンペーン2024年2月29日まで。

 

今回、多頭飼い、大型犬にもお試し出来る様に通常1,000円のところ500円で販売させて頂きます。また、同時に2個までご購入可能にしました。この機会に是非、お試しください。

 

トライアルは、食べてくれるのかを試していただく為に販売しています。効果を保障するものではありません、ご理解の程宜しくお願いいたします。

 

 原材料:乳酸菌生産物質末、米粉、山芋末、純国産100%本葛末、ラフィノースオリゴ糖、昆布末、アップルファイバー、イワシ末、葉酸、ビタミンB1,B2,B12,C,A,E,D

 

原産国:日本 内容量:20g(形状:粉末)

与え方:腸内リセットレシピ参照

賞味期限:開封後10日以内にお使いください。

消費量:小型犬で約4~5回分(目安)

お支払い方法:クレジット/代引き/銀行振込【2日以内】

同包物:レシピ

下痢血便アルブミン低下

食事改善したい飼い主様が急増!

 

先ずは、下痢を止めてはいけない理由

肛門から下痢が出てくる理由を知ることから。

 

・なぜ、薬で腸が冷えるのか?

・なぜ、腸を温める必要があるのか?

・なぜ、トロトロスープが良いのか?

・なぜ、乳酸菌生産物質が必要なのか?徹底解説

お電話での無料相談はこちら

愛犬の為に詳しくお話をお聞きしたい飼い主様はお電話ください。

お問い合わせはこちら

アルブミン低下・繰り返す下痢・血便・軟便・嘔吐など、お気軽にお聞かせください。ご相談内容に合わせてこれまで5,000頭以上のワンちゃん達から培った私自身の体験、知識を交えて知り得る限りのアドバイスをさせていただきます。

※無料相談では商品の購入は受け付けておりません。アドバイスのみとなります。また、お名前をお聞きすることもありません。安心してご相談ください。

092−334−2068

【電話受付時間】10:00〜16:00
【定休日】土日祝日(臨時休業あり)
     年末年始、GW、夏季休暇

この記事を書いた人

坂田剛

(株)ラクト・ラボ代表取締役。20年間健康美容業界に携わり犬達の世界が人間と同じように生活習慣病が増え始めてきたことをきっかけに15年前に犬のサプリメント販売ラクト・ラボを起業。2018年に法人化。趣味は愛犬とキャンプに行き大自然とふれあいリフレッシュすること。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

食生活・生活習慣を見直して、ワンちゃんが健康で元気になるお手伝いをいたします。

092−334−2068 092−334−2068 arrow_right
PAGE TOP