愛犬に与える栄養を考える前に健康の土台を知る|お役立ち情報

LINEで送る
Pocket

 

愛犬に与える栄養を考える前に健康の土台を知る

 

私たち飼い主には家族を守る責任があるのですから、まずは勉強して愛犬に必要な栄養の知識を身につけなければなりません。しかし、栄養の勉強をする前に栄養が愛犬の身体に吸収されるメカニズムを勉強することがとても大切です。

 

■腸内環境を整える

いくら良い食べ物、サプリメントを与えてもそれを充分に消化・吸収できなければ身体に取り入れることはできません。言い換えると、腸内環境が正常であれば、少ない食物でも充分に消化・吸収して細胞の隅々まで栄養素を届けることができるのです。

 

■代謝、解毒

間違って食べてしまった質の悪い食事に、さまざまな添加物などが含まれています。また、腸内環境が悪ければ腸内の悪玉菌が毒素などを放出する場合もあります。犬は人間のように汗をかくことがないので、ウンチとオシッコで毒素を排泄するしかありません。また、内臓では腸管、肝臓、腎臓が正常に働かなければ毒素が身体にたまってしまうのです。

 

良いフード、良い栄養を与える前に、健康の基本であり土台となる吸収される場所(腸内環境)を日々温め続け整えることが愛犬を元気で長生きさせる方法なのです。

 

今後の愛犬の健康にお役立ていただければ幸いです。

 

新着記事の紹介

 

毎月10記事前後、幅広い分野で記事を投稿しております。現在の愛犬に少しでも当てはまる記事がありましたら参考にされてください。

 

>『【犬の手作りご飯】プレバイオティクスとレジスタントスターチ

 

>『犬がうんちを食べる!食糞という悪癖改善のカギは腸内環境にあり

 

>『愛犬の長生きには解毒が必要!有害物質を排出する器官とは?

 

お役立ち情報

 

>『犬が唸る6つの理由とは|体調が悪い可能性もある?

 

>『ヨークシャーテリアの甘噛みを直す方法は?おすすめの方法や注意点を紹介

 

病状症状のご相談|下痢【相談】

 

>『柴犬の下痢がフードを変えても薬を飲ませても繰り返す。

 

>『愛犬の下痢を薬で止め続けても根本的解決にならない。要注意

 

今後の愛犬の健康にお役立て頂ければ幸いです。

下痢血便アルブミン低下

食事で改善したい飼い主様が急増!

 

薬に頼らない、腸内環境からの根本的な解決

 

・なぜ、薬で腸が冷えるのか?

・なぜ、腸を温める必要があるのか?

・なぜ、トロトロスープが良いのか?

・なぜ、乳酸菌生産物質が必要なのか?徹底解説

お問い合わせはこちら

1,000円(税込・送料込)

ご購入はこちら

・1家庭1個までとさせて頂きます。
・在庫が無くなり次第終了いたします。
・こちらの商品は返品不可となります。

商品紹介

トライアルは、食べてくれるのかを試していただく為に販売しています。効果を保障するものではありません、ご理解の程宜しくお願いいたします。

 

 原材料:乳酸菌生産物質末、米粉、山芋末、純国産100%本葛末、ラフィノースオリゴ糖、昆布末、アップルファイバー、イワシ末、葉酸、ビタミンB1,B2,B12,C,A,E,D

 

原産国:日本 内容量:20g(形状:粉末)

与え方:腸内リセットレシピ参照

賞味期限:開封後10日以内にお使いください。

消費量:小型犬で約4~5回分(目安)

お支払い方法:クレジット決済のみ

同包物:レシピ

お電話での無料相談はこちら

お問い合わせはこちら

アルブミン低下・繰り返す下痢・血便・軟便・嘔吐など、お気軽にお聞かせください。ご相談内容に合わせてこれまで5,000頭以上のワンちゃん達から培った私自身の体験、知識を交えて知り得る限りのアドバイスをさせていただきます。

※無料相談では商品の購入は受け付けておりません。アドバイスのみとなります。また、お名前をお聞きすることもありません。安心してご相談ください。

092−334−2068

【電話受付時間】10:00〜16:00
【定休日】土日祝日(臨時休業あり)
     年末年始、GW、夏季休暇

この記事を書いた人

坂田剛

(株)ラクト・ラボ代表取締役。20年間健康美容業界に携わり犬達の世界が人間と同じように生活習慣病が増え始めてきたことをきっかけに15年前に犬のサプリメント販売ラクト・ラボを起業。2018年に法人化。趣味は愛犬とキャンプに行き大自然とふれあいリフレッシュすること。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

食生活・生活習慣を見直して、ワンちゃんが健康で元気になるお手伝いをいたします。

092−334−2068 092−334−2068 arrow_right
PAGE TOP