年末年始休業のお知らせ|腸内に悪玉菌が増えるとどうなるのか?|お役立ち情報

LINEで送る
Pocket

 

年末年始休業期

 

2022年12月29日(木)~2023年1月5日(木)

 

弊社では2022年12月29日(木)から2023年1月5日(木)までを年末年始休業期間とさせていただきます。

年内最終出荷日時は2022年12月28日(水)12時までのご注文分までとさせていただきます。2022年12月28日(水)12時以降のご注文は2023年1月6日(金)の発送となりますので余裕をもってご注文くださいますようお願いいたします。

 

尚、休業期間のLINEにつきましては通常通りに対応させていただきますが、お返事は時間帯によって遅れる場合があるかもしれません。ですが必ずお返事は致しますのでご安心ください。また、緊急の場合も遠慮なくお知らせください。

 

ご不便をおかけしますが、何卒ご理解いただきますようお願い致します。

 

腸内に悪玉菌が増えるとどうなるのか?

 

悪玉菌が腸内に増えるとどうなるか?

 

次に悪玉菌がどのような悪さをするのかも知っておきましょう。

 

悪玉菌の中でもサルモネラ菌、大腸菌、プロテウス菌、クレブシュラ菌、ウェルシユ菌などは、たんぱく質やアミノ酸を分解してアンモニアに変えてしまい強い悪臭を放ちます。

 

アンモニアは尿素になって肝臓で分解され、尿になって排泄されますが、尿素の一部は腸へ戻って再びアンモニアに変わってしまいます。

 

こうなると、腸と肝臓の間をアンモニアが循環するこことになり、肝臓の負担が増えてくることになります。肝硬変などで肝臓の働きが低下した場合、肝臓がアンモニアを解毒できなくなり、アンモニアが血液中に入ってしまい、これが脳にいってしまうと、意識障害や記憶障害という症状がでる「肝性脳症」という深刻な病気になってしまいます。

 

肝性脳症」の治療には、抗生物質が使われます。

 

抗生物質を使うとすべての腸内細菌が減りますので、アンモニアの発生も減るのですが、体に負担をかけてしまい別の病気を誘発してしまいます。乳酸菌やビフィズス菌を増やすことで悪玉菌を減らし、アンモニアの発生を抑えるのです。

 

その為には、乳酸菌やビフィズス菌を増やすために腸を温める食事を常に与え、薬を飲んだら乳酸菌生産物質を与えことで抗生物質で減った腸内細菌を増やすことが出来るということを知っておきましょう。

 

これが免疫増強になるのです。

 

今後の愛犬の健康にお役立ていただければ幸いです。

 

新着記事の紹

 

毎月10記事前後、幅広い分野で記事を投稿しております。現在の愛犬に少しでも当てはまる記事がありましたら参考にされてください。

 

>『【愛犬の健康を守る基礎知識】犬の消化のしくみは人と少し違います

 

>『愛犬の便秘解消に梨は効果あり!ただし下痢や軟便の犬には向きません

 

>『犬の耳掃除に綿棒はNG!病気予防には中を洗うのが効果的だけど…

 

>『【愛犬の老化】衰えのサインを見逃さずにしっかり対策しよう

 

お役立ち情報

 

>『チワワの平均体重とダイエット法を調査!体の状態を知って正しく健康管理

 

>『チワワの暑さ対策を知ろう!熱中症を防ぐ飼い方と、お役立ちグッズは?

 

病状症状のご相談|下痢【相談】

 

>『コーギーの下痢が下痢止を飲み続けて酷くなった理由とは?

 

>『トイプードルに下痢止を飲ませていますが、薬をやめるとまた下痢になります。

 

今後の愛犬の健康にお役立て頂ければ幸いです。

お問い合わせはこちら

500円(税込・送料込)

ご購入はこちら

・1家庭2個までとさせて頂きます。
・在庫が無くなり次第終了いたします。
・こちらの商品は返品不可となります。

商品紹介

トライアルキャンペーン2024年2月29日まで。

 

今回、多頭飼い、大型犬にもお試し出来る様に通常1,000円のところ500円で販売させて頂きます。また、同時に2個までご購入可能にしました。この機会に是非、お試しください。

 

トライアルは、食べてくれるのかを試していただく為に販売しています。効果を保障するものではありません、ご理解の程宜しくお願いいたします。

 

 原材料:乳酸菌生産物質末、米粉、山芋末、純国産100%本葛末、ラフィノースオリゴ糖、昆布末、アップルファイバー、イワシ末、葉酸、ビタミンB1,B2,B12,C,A,E,D

 

原産国:日本 内容量:20g(形状:粉末)

与え方:腸内リセットレシピ参照

賞味期限:開封後10日以内にお使いください。

消費量:小型犬で約4~5回分(目安)

お支払い方法:クレジット/代引き/銀行振込【2日以内】

同包物:レシピ

下痢血便アルブミン低下

食事改善したい飼い主様が急増!

 

先ずは、下痢を止めてはいけない理由

肛門から下痢が出てくる理由を知ることから。

 

・なぜ、薬で腸が冷えるのか?

・なぜ、腸を温める必要があるのか?

・なぜ、トロトロスープが良いのか?

・なぜ、乳酸菌生産物質が必要なのか?徹底解説

お電話での無料相談はこちら

愛犬の為に詳しくお話をお聞きしたい飼い主様はお電話ください。

お問い合わせはこちら

アルブミン低下・繰り返す下痢・血便・軟便・嘔吐など、お気軽にお聞かせください。ご相談内容に合わせてこれまで5,000頭以上のワンちゃん達から培った私自身の体験、知識を交えて知り得る限りのアドバイスをさせていただきます。

※無料相談では商品の購入は受け付けておりません。アドバイスのみとなります。また、お名前をお聞きすることもありません。安心してご相談ください。

092−334−2068

【電話受付時間】10:00〜16:00
【定休日】土日祝日(臨時休業あり)
     年末年始、GW、夏季休暇

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

食生活・生活習慣を見直して、ワンちゃんが健康で元気になるお手伝いをいたします。

092−334−2068 092−334−2068 arrow_right
PAGE TOP